かびと住まい ー 押入れ&クローゼットのカビ対策

現代の住宅は、実はカビの温床。
人間にとって快適な住まいは、カビにとっても住み心地の良い場所なのです。
自分でできる、住まいのカビ対策についてご紹介します。

家の中の場所別カビ対策 〜押入れ&クローゼット

気密性が高い現代の住宅の中で、閉め切りにされることが多い押入れやクローゼット。湿気が溜まりやすく、家の中でどの方角にあるかは関係なく結露が発生しやすい、カビの危険スポットです。

押入れによく使われるベニヤ板は、湿気が溜まるとカビが生えやすいので、年に2回は点検するのがおすすめ。一度中身を全部出して、壁や床にカビが発生していないか点検します。押入れやクローゼットの中では、壁や床が荷物で見えなくなっていて、気がついたときにはカビが大量発生!ということがあるので、要注意です。

大掃除のときや衣替えのときなどに、併せて行えるとよいですね。

a0006_002874.jpg

押入れ、クローゼットをカビさせないために

●太陽は偉大です。とりあえず「天日干し」
衣類や布団などの布類は特に湿気を吸いやすく、カビやダニが繁殖しやすいので、天気の良い日には天日干しにするなどのケアを行いましょう。日常の手入れとしては天日干しをするだけで十分です。

●大掃除はカビ対策の大チャンス!
大掃除や衣替えをするときには、できれば全ての物を出して、カビのコロニーやカビ臭がないかチェックすること。カビを発見したら、しっかり除カビを。

●模様替えのついでにカビ予防
季節の変わり目に行う衣替えのときは、カビ予防対策を行うチャンスです。
晴れた日に、衣類など押入れ・クローゼットにしまっておいたものを、まずは半分程度外に出して陰干し。
その間、扇風機やサーキュレーターで通気させながらエアコンを除湿で稼働させると、カビ予防として効果的ですよ。

●クリーニング後の衣類のしまい方
クリーニングに出した衣類は、ビニールのカバーをかけたまま収納すると湿気がたまり、服にカビが生える原因となります。
必ずカバーを取り、不織布などの通気性の良いカバーをかけて収納しましょう。 

a1420_000012.jpg

押入れ、クローゼットのカビ対策 〜ポイント

  1. 内部の通気を確保
    下の段は、特に湿気が溜まりやすいので、床上にすのこを置くなど、通気に配慮しましょう。上段も、物を詰め過ぎないなどして通気を確保。8割程度を目安に、ゆとりを持って収納しましょう。
    時々エアコンのドライと扇風機で風を入れると効果的です。
     
  2. 上段と下段、収納するものを分別
    水分は下方にたまります。
    湿気を特に吸いやすいものや、湿気に弱い素材(シルク、革製品など)は上段に収納し、綿や麻などの比較的湿気に強いものを下段に収納するといったように、適切な場所に収納しましょう。
    ただし、どんな素材でも湿気がおおければカビが生えてしまう可能性が高いので、常に除湿や通気を心がける必要があります。

  3. 常に湿気対策
    内部の壁面全体的に除湿シートを張る、除湿剤を置くなどして、年間を通して除湿を心がけましょう。
     
  4. 定期的に隅々までチェック
    いつのまにか雨漏りや水漏れがあったことに気付かず、カビが大発生してしまった、という事故も珍しくはありません。年に2回は中の物を全部出して、壁面にカビが生えていないか、出したものからカビ臭がしないか、チェックしましょう。
a0800_000396.jpg
© 2017 CORAL Inc.   All rights reserved. ※当サイト掲載内容の無断転載は固くお断りいたします。

Back to top