かびと健康 ー 加湿器

カビが原因となる病気が増えてきています。
お風呂、砂場、ペット、等々。病気を引き起こすカビがあなたの身近にあるのです。
ここでは、カビが引き起こす症状をご紹介します。

加湿器がかびの温床になることも

冬の乾燥している時期に活躍する加湿器。
空気が乾燥すると、のどや鼻の粘膜の防御機能が低下し、風邪やインフルエンザにかかりやすくなります。特に乾燥しやすい室内では、加湿器などを使って適切な湿度(50〜60%程度)を保つことがよいとされています。

しかし、加湿器をきちんと取り扱わないと、健康には逆効果になるので要注意。
定期的な手入れを怠ると、カビやレジオネラ菌が加湿器の中で発生して増殖し、加湿器を使うことで室内の空気中にばらまかれることになります。アレルギーの原因となるだけでなく、発熱や胸の痛み、呼吸困難などを引き起こすことも。
かびなどの産生する毒素も有害です。

加湿器を使用する際には、取り扱い説明書に記載してある手入れの頻度や方法をしっかり守って、清潔を保つようにする必要があります。

また、過度の加湿は結露によるかびの原因となります。加湿しすぎないように注意しましょう。 

201402.jpg
© 2017 CORAL Inc.   All rights reserved. ※当サイト掲載内容の無断転載は固くお断りいたします。

Back to top