かびと住まい ー 畳のカビ対策

現代の住宅は、実はカビの温床。
人間にとって快適な住まいは、カビにとっても住み心地の良い場所なのです。
自分でできる、住まいのカビ対策についてご紹介します。

家の中の場所別カビ対策 〜畳

tatami-1.jpg

自然素材を使用してある畳には、部屋の湿気を調節する能力があります。素晴らしい能力です。しかし湿度の高い季節には、湿気をどんどん吸収して湿度の高い状態となり、しかも目にホコリやごみが溜まっていると、カビやダニが繁殖しやすい状態となってしまいます。

また、素材のい草はそれ自体がカビの養分となる上に細かく織り込まれているため、繊維に沿ってカビが根を張りやすく、まさに「巣窟」になりがちなのです。

5〜6月、9〜10月は、特にカビが生えやすい要注意の時期。カビを発見したら、すぐに除カビして、よく乾燥させましょう。

畳に発生するカビの種類と原因

畳に発生するカビの種類

畳に発生するカビは初期段階では、ツチアオカビがとても多いのが特徴です。ツチアオカビは湿気の多い場所に生息し、色は黄緑から濃い緑色をしています。自然界では土壌に多く、落葉などを分解する働きがあります。しかし、畳の繊維を劣化させてしまうだけでなく、カビ臭いにおいも発生させます。
畳にはすすカビも発生します。すすカビの胞子はとても軽く、空気中に飛散しやすいのが特徴です。軽いのに胞子が大きいので、アレルギーの原因にもなります。
また、麹カビも発生します。麹カビは味噌や醤油などに使われることで知られていますが、カビ毒を作るので注意が必要です。

畳に発生するカビの原因

畳は芯となる「畳床」に、経糸にい草を編み込んで織られた「畳表」を被せ、「畳縁」で端を縫い付けて出来ています。畳のカビはこの3つのうち、「畳表」に発生するケースがほとんどです。畳表の天然イ草は、空気中のホコリを吸収・付着し、湿気を調節する性質があります。家の中でカビの発生しやすい場所の特徴として、

  • 結露ができやすい場所
  • 空気がよどむ場所
  • 湿気の多い場所
  • カビの栄養(汚れ、ゴミ)が多い場所

等が挙げられますが、「畳表」はカビの発生条件である湿気の多い場所、空気がよどむ場所、カビの栄養(汚れ、ゴミ)が多い場所を満たしていて、カビが発生しやすくなります。また、い草には湿気を調節する機能があることを先ほど紹介しましたが、新しいい草の方がこの機能は高くなります。畳表は古くなるとい草が潰れ、この調節機能は衰えていきます。ですから、新しい畳表は湿度が高いとどんどんい草が湿気を吸収してくれるので、その分カビが発生しやすくなるのです。
また、和室を洋風の部屋として使用するとき、畳の上にカーペットを敷く場合もありますが、これもカビの発生を増長させます。なぜなら、畳の上にカーペットで蓋をした状態になり、湿気がこもりやすくなるからです。

© 2018 CORAL Inc.   All rights reserved. ※当サイト掲載内容の無断転載は固くお断りいたします。

Back to top