かびと住まい ー トイレに発生するカビの原因と種類

toilet-1.jpg

トイレに発生するカビの原因

トイレは住まいのなかでもカビが発生しやすい場所ですが、どうしてカビが生えやすいのでしょうか。

●トイレは湿気がたまりやすい

空気中のどこにでも存在しているカビの胞子ですが、カビが発生するにはいくつか条件があります。温度と湿度も条件で、温度が25度~30度であること、湿度が80%以上であることも条件になります。トイレには水が溜まっていて、それが蒸発して湿気がこもり、気温も高くなりがちです。さらに、マンションの場合、窓がなく風通しが悪い場合はさらにカビが生えやすくなります。

●水や尿の飛び跳ねも要因

トイレで手を洗うときの水しぶきや尿が壁や床に飛び散ることがあります。特に尿の跳ねは、カビの原因になるだけでなく、放置すると菌が繁殖して臭いの元にもなります。

トイレに発生するカビの種類

●黒カビ

正式名を「クラドスポリウム」と言う黒カビは住まいの中に発生しやすいカビです。黒カビは湿気を好み、住まいの中でも湿気が多い浴室や洗面所、サッシ、そして、トイレなどで繁殖しやすいと言われています。黒カビに毒性はありませんが、黒カビが発生すると、空気中に大量の胞子が浮遊し、その胞子を呼吸する時に吸い込んでしまうと、喘息やアレルギーになる可能性があるので、注意が必要です。

●赤カビ

トイレの便器などに付着している赤い汚れは赤カビです。見た目も悪く、ヌメッとしているので、とても不衛生に見えて不快感を抱くかもしれません。
赤カビは名前からカビだと思うかもしれませんが、実はカビの仲間ではありません。赤カビは「ロドトルロ」という酵母菌です。酵母菌もカビと同じく湿気が多い場所を好んで繁殖します。黒カビが生える所には、赤カビも生えやすいようです。赤カビはカビよりも増殖が早く、あっという間に広がってしまいます。万が一、口に入ると腹痛・下痢・嘔吐などの食中毒を起こす可能性が高い有害な菌なので気をつけましょう。

© 2019 CORAL Inc.   All rights reserved. ※当サイト掲載内容の無断転載は固くお断りいたします。

Back to top